FIWARE(ファイウェア)|世界のスタンダードになりつつあるスマートシティのIoTプラットフォーム

FIWARE(ファイウェア)|世界のスタンダードになりつつあるスマートシティのIoTプラットフォーム

FIWARE(ファイウェア)は、国や自治体、民間企業などの枠を超えて、それぞれが保有するデータの利活用を相互に促すために開発されたソフトウェア群の総称です。スマートシティの実現のために欠かせないIoTプラットフォームとして注目されるFIWAREについて、その開発背景、都市OSとして期待される理由、日本社会におけるFIWAREの活用実態を紹介します

続きを読む

デジタル庁|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

デジタル庁①|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

2021年9月1日、デジタル庁が発足しました。デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目標とするといいます。ここでは、デジタル庁発足の背景、デジタル庁の役割について解説します。

続きを読む

【オープンデータ】各自治体の取り組みは人口カバー率約9割。その成果に期待!

オープンデータ|各自治体の取り組みは人口カバー率約9割。その成果に期待!

「開かれた政府」を目指すオープン・ガバメントの取り組みにおいては、政府が保有する情報データを積極的に開示することが重要です。「オープンデータ」の定義、その活用の意義、「オープンデータ」への取り組みの歴史と現状について見ていきます。

続きを読む

届け出や申請が簡単に!市民の声に寄り添う、会津若松+(プラス)「申請書作成支援サービス」開始の狙い

「スマートシティ会津若松」を推進する会津若松市で、地域情報プラットフォーム「会津若松+(プラス)」内に実装された、子育てに関する「申請書作成支援サービス」について、その開発の狙いなどを、担当者の五十嵐様と柏木様に伺いました。

続きを読む

オープンガバナンスとは?~“市民と行政が共に創る”ことの重要性

行政も市民も共に主役となり協働する「オープンガバナンス」。2016年から開催されている「チャレンジ!オープンガバナンス(COG)」では、毎年多数のプロジェクトが表彰されています。COG事務局の奥村裕一様 に、オープンガバナンスのこれからについてお話を伺います。

続きを読む