FIWARE(ファイウェア)|世界のスタンダードになりつつあるスマートシティのIoTプラットフォーム

FIWARE(ファイウェア)|世界のスタンダードになりつつあるスマートシティのIoTプラットフォーム

FIWARE(ファイウェア)は、国や自治体、民間企業などの枠を超えて、それぞれが保有するデータの利活用を相互に促すために開発されたソフトウェア群の総称です。スマートシティの実現のために欠かせないIoTプラットフォームとして注目されるFIWAREについて、その開発背景、都市OSとして期待される理由、日本社会におけるFIWAREの活用実態を紹介します

続きを読む

スーパーシティ型国家戦略特区に選定された、つくば市の現在と今後の課題

2030年までに「まるごと未来都市」の実現を目指す「スーパーシティ構想」。大阪市と共に特区に指定されたつくば市(茨城県)では、“最もオンライン化が望まれる手続は何か“を可視化する 「手続アセスメント」を導入。官民連携で共同開発した「つくスマ」の導入に続き、職員にも市民にもやさしいDXを実現する取り組みが行われています。担当者に今後の展望についてお聞きします。

続きを読む

IoT(アイオーティー)|スマートシティ化に不可欠な注目のインターネット技術

IoT(アイオーティー)|スマートシティ化に不可欠な注目のインターネット技術

IoTは「モノのインターネット」を意味します。モノがインターネットにつながり収集したデータを分析・活用することで新たな価値の創出が可能になります。ここでは、IoTの仕組みや機能、導入のメリットを整理し、IoTの普及に向けた課題、地域課題解決のためのIoTの活用について見ていきます。

続きを読む

デジタル田園都市国家構想|総予算5.7兆円をかけて岸田内閣が挑む「地域格差」の解消

デジタル田園都市国家構想|総予算5.7兆円をかけて岸田内閣が挑む「地域格差」の解消

デジタル田園都市国家構想は、岸田内閣が「新しい資本主義」の実現に向けた成長戦略であり、デジタル社会の実現に向けた重要な柱として位置づけています。同構想の概要とそのコンセプトに続き、この構想が打ち出された背景である地域格差の問題とその解消に向けた取り組みや構想実現のためのおもな施策について紹介します。

続きを読む

小規模自治体のためのコンパクトスマートシティ~豊能町の事例と今後の課題

「大阪スマートシティ」プロジェクトの一環で実施された、豊能町のコンパクトスマートシティの実証実験。予算豊富な大規模自治体でなくても実施可能なスマートシティモデルとは?大阪府スマートシティ戦略スーパーアドバイザー・江川将偉氏に、豊能町の事例についてお話を伺い、今後の課題と共にレポートします。

続きを読む

スーパーシティ|「スマートシティ構想」をブーストさせる「まるごと未来都市」構想

スーパーシティ|「スマートシティ構想」をブーストさせる「まるごと未来都市」構想

スーパーシティ構想は、国家戦略特区制度を活用しつつ住民と競争力のある事業者が協力し、世界最先端の日本型スーパーシティを実現しようという構想です。ここでは、この構想が生まれた背景やコンセプトに触れ、その目標である「まるごと未来都市」の実現に向かう日本の状況を紹介していきます。

続きを読む

都市OS|スマートシティ・スーパーシティ構想に不可欠なデータ連携基盤

都市OS|スマートシティ・スーパーシティ構想に不可欠なデータ連携基盤

都市OSとは、地域の枠を越えたサービス連携や各都市における成果を横展開するための仕組みです。コンピュータのオペレーティングシステム(OS)に置き換えて、都市OSの目的や役割を示し、日本における都市OSの要件やメリット、今後の課題について紹介します。

続きを読む

デジタル庁|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

デジタル庁①|鳴り物入りで創設されたデジタル庁の役割は?

2021年9月1日、デジタル庁が発足しました。デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目標とするといいます。ここでは、デジタル庁発足の背景、デジタル庁の役割について解説します。

続きを読む