デジタル社会形成基本法と「IT基本法」との違いは? 地方自治体関連で追加された項目は?【デジタル社会形成基本法②】

デジタル社会形成基本法と「IT基本法」との違 いは? 地方自治体関連で追加された項目は? 【デジタル社会形成基本法②】

今回は、デジタル社会形成基本法とIT基本法との違いやIT基本法から引き継がれたことを整理した上で、デジタル社会形成基本法が目指す構造改革について、デジタル社会形成基本法で追加された、とくに地方公共団体に影響のある項目について紹介します

続きを読む

デジタル社会形成基本法は「IT基本法」の後継法律。なぜIT基本法は見直しが必要だったのか?【デジタル社会形成基本法①】

デジタル社会形成基本法は「IT基本法」の後継 法律。なぜIT基本法は見直しが必要だったの か?【デジタル社会形成基本法①】

デジタル社会形成基本法は、2021年に可決されたデジタル改革関連法のひとつで、一連の法律の中核をなすものです。今回は、その前身となるIT基本法について、同法が目指した社会像、IT基本法をもとに策定された「e-Japan戦略」、そしてIT基本法を抜本的に見直すことになった背景について紹介します。

続きを読む

「副大臣プロジェクト」の仮説・課題は「支援実証事業」で答えが出るか?【こどもに関する情報・データ連携②】

「副大臣プロジェクト」の仮説・課題は「支援実証事業」で答えが出るか?【こどもに関する情報・データ連携②】

こどもに関する情報・データ連携は、貧困や虐待などから保護を要するこどもたちを見守るためのデジタル戦略です。そして、こどもに関する情報・データ連携 副大臣プロジェクトチームには、こどもたちの生活に関わる多くの情報を集約するデジタル基盤を築いていくための取り組みを推進する役割を担います。今回は、このプロジェクトの経緯や今後に向けた課題などを紹介します。

続きを読む

こども家庭庁の創設で再注目!「支援が必要なこども・家庭に素早く&確実に」を目的としたデジタル戦略【こどもに関する情報・データ連携①】 

こども家庭庁の創設で再注目!「支援が必要なこども・家庭に素早く・確実に」を目的としたデジタル戦略【こどもに関する情報・データ連携①】

こどもに関する情報・データ連携は、貧困や虐待、いじめなどの困難を抱えるこどもや家庭を、支援へとつなげるために必要なものです。「こども家庭庁」の創設に至る、こどもの貧困対策などの取り組みを整理し、支援を必要とするこどもや家庭に行き届かせるための改善策、こどもに関する情報・データ連携 副大臣プロジェクトチームの発足やこどもの生活状況調査について紹介します。

続きを読む

【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

EBPM(Evidence Based Policy Making)とは、科学的根拠(エビデンス)に基づいて政策立案を行う理論であり、多くの先進国の共通指針となっているひとつのムーブメントと捉えることができます。エビデンスに基づく政策立案を行うことで、政策の有効性を高めることができます。今回は、このEBPMが注目されている理由、EBPMの歴史、EBPMを普及・浸透させるためのロジック・モデルについて紹介します。

続きを読む

政府相互運用性フレームワークで日本が抱えているデジタル問題をどう解決する?【政府相互運用性フレームワーク(GIF)②】

GIF(政府相互運用性フレームワーク)②|日本が抱えているデジタル問題をGIFでどう解決する?

GIF(政府相互運用性フレームワーク)は、デジタル社会のためのモデルプランや連携ルールなどをまとめたもので、デジタル庁は2022年3月31日、データの利活用や連携を円滑に行うための基盤として、GIFを公開しました。今回は、GIFの5原則、GIFで目指す社会、データを使いこなすための4つのステップやGIFによってどのような社会の実現を目指していくのかを見ていきます。

続きを読む

政府相互運用性フレームワークはなぜ必要? なぜ参照モデル?【政府相互運用性フレームワーク(GIF)①】

GIF(政府相互運用性フレームワーク)①|なぜ必要? なぜ「参照モデル」?

GIF(政府相互運用性フレームワーク)は、デジタル社会のためのモデルプランや連携ルールなどをまとめたもので、これらをもとにデータ設計やサービス設計を行うことによって、利用者に高度なサービスを提供しやすくなります。2022年3月31日、デジタル庁はデータの利活用や連携を円滑に行うための基盤として、GIFを公開しました。今回は、GIFを必要とする社会背景やGIFを「参照モデル」としている理由について見ていきます。

続きを読む

【デジタル田園都市国家構想】総予算5.7兆円をかけて岸田内閣が挑む「地域格差」の解消

デジタル田園都市国家構想|総予算5.7兆円をかけて岸田内閣が挑む「地域格差」の解消

デジタル田園都市国家構想は、岸田内閣が「新しい資本主義」の実現に向けた成長戦略であり、デジタル社会の実現に向けた重要な柱として位置づけています。同構想の概要とそのコンセプトに続き、この構想が打ち出された背景である地域格差の問題とその解消に向けた取り組みや構想実現のためのおもな施策について紹介します。

続きを読む