ノーコード・ローコード|「ITの内製化」「開発の民主化」を促進する開発手法

ノーコード・ローコード|「ITの内製化」「開発の民主化」を促進する開発手法

ノーコード・ローコードによるシステム開発が、ITの内製化、開発の民主化を促す手法として注目を集めています。ここでは、ノーコード・ローコードと従来型の開発の違い、ノーコード・ローコード開発が注目される背景、ノーコード・ローコード開発のメリットとデメリット、経済産業省における活用例を紹介します

続きを読む

政府相互運用性フレームワークで日本が抱えているデジタル問題をどう解決する?【政府相互運用性フレームワーク(GIF)②】

GIF(政府相互運用性フレームワーク)②|日本が抱えているデジタル問題をGIFでどう解決する?

GIF(政府相互運用性フレームワーク)は、デジタル社会のためのモデルプランや連携ルールなどをまとめたもので、デジタル庁は2022年3月31日、データの利活用や連携を円滑に行うための基盤として、GIFを公開しました。今回は、GIFの5原則、GIFで目指す社会、データを使いこなすための4つのステップやGIFによってどのような社会の実現を目指していくのかを見ていきます。

続きを読む

政府相互運用性フレームワークはなぜ必要? なぜ参照モデル?【政府相互運用性フレームワーク(GIF)①】

GIF(政府相互運用性フレームワーク)①|なぜ必要? なぜ「参照モデル」?

GIF(政府相互運用性フレームワーク)は、デジタル社会のためのモデルプランや連携ルールなどをまとめたもので、これらをもとにデータ設計やサービス設計を行うことによって、利用者に高度なサービスを提供しやすくなります。2022年3月31日、デジタル庁はデータの利活用や連携を円滑に行うための基盤として、GIFを公開しました。今回は、GIFを必要とする社会背景やGIFを「参照モデル」としている理由について見ていきます。

続きを読む