【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

EBPM(Evidence Based Policy Making)とは、科学的根拠(エビデンス)に基づいて政策立案を行う理論であり、多くの先進国の共通指針となっているひとつのムーブメントと捉えることができます。エビデンスに基づく政策立案を行うことで、政策の有効性を高めることができます。今回は、このEBPMが注目されている理由、EBPMの歴史、EBPMを普及・浸透させるためのロジック・モデルについて紹介します。

続きを読む