デジタル社会形成基本法と「IT基本法」との違いは? 地方自治体関連で追加された項目は?【デジタル社会形成基本法②】

デジタル社会形成基本法と「IT基本法」との違 いは? 地方自治体関連で追加された項目は? 【デジタル社会形成基本法②】

今回は、デジタル社会形成基本法とIT基本法との違いやIT基本法から引き継がれたことを整理した上で、デジタル社会形成基本法が目指す構造改革について、デジタル社会形成基本法で追加された、とくに地方公共団体に影響のある項目について紹介します

続きを読む

デジタル社会形成基本法は「IT基本法」の後継法律。なぜIT基本法は見直しが必要だったのか?【デジタル社会形成基本法①】

デジタル社会形成基本法は「IT基本法」の後継 法律。なぜIT基本法は見直しが必要だったの か?【デジタル社会形成基本法①】

デジタル社会形成基本法は、2021年に可決されたデジタル改革関連法のひとつで、一連の法律の中核をなすものです。今回は、その前身となるIT基本法について、同法が目指した社会像、IT基本法をもとに策定された「e-Japan戦略」、そしてIT基本法を抜本的に見直すことになった背景について紹介します。

続きを読む

ノーコード・ローコード|「ITの内製化」「開発の民主化」を促進する開発手法

ノーコード・ローコード|「ITの内製化」「開発の民主化」を促進する開発手法

ノーコード・ローコードによるシステム開発が、ITの内製化、開発の民主化を促す手法として注目を集めています。ここでは、ノーコード・ローコードと従来型の開発の違い、ノーコード・ローコード開発が注目される背景、ノーコード・ローコード開発のメリットとデメリット、経済産業省における活用例を紹介します

続きを読む

【BPR】組織・業務・システムの「抜本的リデザイン」で行政DXを成功へと導く 手法

【BPR】組織・業務・システムの「抜本的リデザイン」で行政DXを成功へと導く手法

BPRは、それまでの組織構成や既存のルールを根底から見直し、組織全体の業務プロセスを抜本的にデザインしなおすことです。その概要と歴史やよく耳にする関連用語との違い、自治体行政においてBPRプロジェクトを推進する際の留意すべきポイントなどについて紹介します。

続きを読む

「ナッジ」は“人のココロ“に基づいたアプローチ手法。ダイバーシティ社会で力を発揮!【ナッジ①】

「ナッジ」理論はダイバーシティ社会で力を発揮!「人のココロ」に基づいたアプローチ手法

ナッジ(nudge)とは、行動科学などの実証的な研究成果を踏まえて、人々がどのような選択を行うのかを分析するアプローチ手法です。ここでは、このナッジの概要およびナッジ理論がいま注目される理由、ナッジ理論のフレームワークEASTについて、悪いナッジ「スラッジ」について紹介します。

続きを読む

「副大臣プロジェクト」の仮説・課題は「支援実証事業」で答えが出るか?【こどもに関する情報・データ連携②】

「副大臣プロジェクト」の仮説・課題は「支援実証事業」で答えが出るか?【こどもに関する情報・データ連携②】

こどもに関する情報・データ連携は、貧困や虐待などから保護を要するこどもたちを見守るためのデジタル戦略です。そして、こどもに関する情報・データ連携 副大臣プロジェクトチームには、こどもたちの生活に関わる多くの情報を集約するデジタル基盤を築いていくための取り組みを推進する役割を担います。今回は、このプロジェクトの経緯や今後に向けた課題などを紹介します。

続きを読む

こども家庭庁の創設で再注目!「支援が必要なこども・家庭に素早く&確実に」を目的としたデジタル戦略【こどもに関する情報・データ連携①】 

こども家庭庁の創設で再注目!「支援が必要なこども・家庭に素早く・確実に」を目的としたデジタル戦略【こどもに関する情報・データ連携①】

こどもに関する情報・データ連携は、貧困や虐待、いじめなどの困難を抱えるこどもや家庭を、支援へとつなげるために必要なものです。「こども家庭庁」の創設に至る、こどもの貧困対策などの取り組みを整理し、支援を必要とするこどもや家庭に行き届かせるための改善策、こどもに関する情報・データ連携 副大臣プロジェクトチームの発足やこどもの生活状況調査について紹介します。

続きを読む

【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

【EBPM】「証拠に基づく政策立案」で透明性・信頼性の高い政策を実現

EBPM(Evidence Based Policy Making)とは、科学的根拠(エビデンス)に基づいて政策立案を行う理論であり、多くの先進国の共通指針となっているひとつのムーブメントと捉えることができます。エビデンスに基づく政策立案を行うことで、政策の有効性を高めることができます。今回は、このEBPMが注目されている理由、EBPMの歴史、EBPMを普及・浸透させるためのロジック・モデルについて紹介します。

続きを読む

【自治体情報システムの標準化・共通化】「2000億円かけて25年末に完全移行」を目指す自治体システムの大変革

自治体情報システムの標準化・共通化

自治体情報システムの標準化・共通化は、各自治体の情報システムを定められた統一基準に適合させ、すべての地方公共団体が、2025年度までガバメントクラウド上に構築された標準準拠システムへ移行することを目標としています。ここでは、標準化・共通化の対象について、標準化・共通化を急ぐ自治体のシステム事情、期待される効果について見ていきます

続きを読む