スーパーシティ型国家戦略特区に選定された、つくば市の現在と今後の課題

2030年までに「まるごと未来都市」の実現を目指す「スーパーシティ構想」。大阪市と共に特区に指定されたつくば市(茨城県)では、“最もオンライン化が望まれる手続は何か“を可視化する 「手続アセスメント」を導入。官民連携で共同開発した「つくスマ」の導入に続き、職員にも市民にもやさしいDXを実現する取り組みが行われています。担当者に今後の展望についてお聞きします。

続きを読む

小規模自治体のためのコンパクトスマートシティ~豊能町の事例と今後の課題

「大阪スマートシティ」プロジェクトの一環で実施された、豊能町のコンパクトスマートシティの実証実験。予算豊富な大規模自治体でなくても実施可能なスマートシティモデルとは?大阪府スマートシティ戦略スーパーアドバイザー・江川将偉氏に、豊能町の事例についてお話を伺い、今後の課題と共にレポートします。

続きを読む

「手続きオンライン化検討研究会」報告③~行政手続オンライン化プラン(案)

「行政手続オンライン化推進のためには、まずどこから、どのように始めるべきか?」この問いに答えるために、加古川市と株式会社アスコエパートナーズは、「手続オンライン化研究会」を全7回に分けて共同開催しました。最後は、行政手続オンライン化プラン案について報告します。

続きを読む

「手続きオンライン化検討研究会」報告②~デジタル化対象手続の抽出パターンとKPI案

「行政手続オンライン化推進のためには、まずどこから、どのように始めるべきか?」この問いに答えるために、加古川市と株式会社アスコエパートナーズは、「手続オンライン化研究会」を全7回に分けて共同開催しました。第2弾では、デジタル化対象手続の抽出パターンとKPI案について報告します。

続きを読む

「手続きオンライン化検討研究会」報告①~加古川市の行政手続棚卸調査について

「行政手続オンライン化推進のためには、まずどこから、どのように始めるべきか?」この問いに答えるために、加古川市と株式会社アスコエパートナーズは、「手続オンライン化研究会」を全7回に分けて共同開催しました。報告①はまず、加古川市の行政手続棚卸調査について解説します。

続きを読む